2010年 12月 29日

タイ首長族(バドゥン族)と耳長族(カヨー族)に会う

お猿の後に向かった先は、チェンマイ市内から40分位で行ける完全に観光化された民族村である
Baan Tong Luangです。
ここには首長族(バドゥン族)と耳長族(カヨー族)などが暮らしており、入村料は500Bです。

村を観光化することによって首長族と耳長族などの生活を保護しているようで、
この入村料と手作りアクセサリーなどの売上が主な収入源になっているようです。

本来、首長族はゴールデントライアングルと言われるタイ・ラオス・ミャンマーの国境にあるメーホンソーンに居住しているのですが、チェンマイからは遠い為、観光客向けにこちらに引っ越して
きているのだと思います。

村に入るとまずは耳長族の集落です。
d0178904_12114560.jpg

耳たぶを大きく、長くしてその耳たぶに穴をあけ、大きなリングをはめ込んでいます。
d0178904_12131761.jpg

なんかみんなで円になって歌ったりしてました。年越しをお祝いしてるのかな?
楽しそうだなあーーと眺めてたら、皆が食べてたフルーツを頂いてしまいました。
なし&りんごみたいな味で中々美味しかったです。
住んでいるおうちはこんな感じです。
d0178904_1214472.jpg

田んぼを挟んで向こう側には首長族が住んでいます。
首も長いし、なんか化粧もかわいい!^^
d0178904_12142754.jpg

実際には首が伸びているのではなく、リングの上圧があごを引き上げ、下圧が鎖骨の位置を
押し下げていることにより首を長く見せているようです。
男性は着用しないため、とても普通でした。
d0178904_12145082.jpg
d0178904_12164731.jpg

子供達がみんなで遊んでいました。
d0178904_12171640.jpg

それにしても皆さんとても美人でした。あまりにも皆美人なので、ここの観光化されている村には
美人しか住めないのかな?!と疑惑が沸いてしまうくらいです。

観光化されてはいますが、みんなの生活を垣間見ることが出来とても良い経験になりました。
地球には本当に色んな人が住んでいますね。
[PR]

by lifeinbangkok | 2010-12-29 11:57 | 国内旅行 - Chiang Mai | Comments(0)


<< 虎と猿      セモーチャイ >>